「食事療法の副産物A」

食生活で思わぬところに変化があったので報告しています。

二つ目は睡眠時間が少なくても良くなったことです。
以前本で読んだことがあったので、「本当だ!!」と実感しました。

以前の私は毎日6時間くらいの睡眠でしたが、
日中は全く眠くないという日は少なく、いつでも寝れそうな感じでした。
通勤の電車でも座れば必ず眠っていました。

それが、いつもと同じように6時間の睡眠時間でも、
朝はすっきり!爽快に目が覚め、
日中もほとんど眠たくなることはありません。

通勤の電車の中で、今までは座るとすぐに寝ていましたが、
最近は疲れていないので座らずに元気に立って乗っています。
これは些細なことのようですが、大きな変化です。実感できます。

理由は色々ありますが、肉食をすると胃が肉を消化しようと頑張るので、
体力を使い体がとても疲れるそうです。
その点、玄米雑穀生活は、良く噛んで唾液と混ぜて食べているため、
口の中で消化が完了し、胃の負担が少なくてすみます。

日中眠くなくなった分、時間を有効に使うことができて、生活にゆとりがでました。

他にもたくさんあるんですが、これからも食事を続けていき、
結果を報告していきたいと思っています♪

食事療法の副産物@ 前へ  
inserted by FC2 system